ウーマン

遺産相続を相談するときは

ジャッジガベル

専門家の長所

弁護士の取り扱う法律の範囲は多岐に渡るため、個人や事務所によって得意とする分野が違ってきます。ですので、資産相続について数多くの案件をこなし、問題解決を図ってきた弁護士と経験の少ない弁護士とでは遺産相続の結果は大きく違ってきます。したがって、遺産相続の相談は相続専門の弁護士を選ぶといいでしょう。相続税法に詳しく税金の問題に強いというのが相続専門弁護士です。弁護士は遺産相続において紛争を解決するのが主な仕事になります。相続専門の弁護士ならこれに加えて豊富な経験から、節税を意識した遺産の分割や節税についての具体的なアドバイスを受けられます。また、土地の価格をよく把握しているのも特徴です。土地を正確に評価して、売却するといくら税金がかかり、どれだけのお金が受け取れるのかを理解した上で分割協議を行えます。円満に財産を相続するためには、正確に金額を計算することが重要です。さらに、相続専門の弁護士は他の士業者との連携が取れているケースが大半です。不動産の登記は司法書士の業務になり、相続税は税理士に相談しなくてはいけません。ですが、こちらなら、事務所が窓口となって紹介が受けられ、相続で発生するどのような問題にも対応してもらえます。くわえて、遺言状の作成にも相続専門弁護士は強力なパートーナーとなります。遺留分とは違う配分で相続をさせる、遺産を渡さない相手決める、遺産相続時に紛争にならないように対策を立てる等、自分の希望で相続をさせたい場合は遺言書の作成が必要です。相続専門の弁護士なら法律に従った正確な遺言書の作成が可能です。