ウーマン

配偶者との有利な別れ方

割れたハートと男女

上手な法律事務所の活用法

離婚する時は、必ず弁護士が必要と思っている人もいるかもしれません。しかし、答えはノーです。弁護士が必要になるのは、裁判になってからのことで、それまでには話し合いによる協議離婚、家庭裁判所での調停と、2つのステップを踏まなければなりません。順序としてはまず話し合い、それで合意できない時には調停、それでも離婚が成立しない時には、裁判となります。ですから配偶者と別れることになったからといって、あわてて弁護士を探す必要はないのです。ただし、話し合いや調停の段階であっても、弁護士に依頼しておくと便利なこともあります。それは、その人に取って有利になるように、色々アドバイスをしてくれるからです。特に調停では、書類の書き方などは素人にはわかりにくいものですが、どのように書けばいいとか、あるいは調停の席で、どのように話せばいいといったことを教えてもらえます。無論費用は発生しますが、調停までに確実に離婚にこぎつけたいという時には、依頼しておくのもいいでしょう。弁護士の選び方ですが、必ず離婚に強い事務所を選ぶようにします。弁護士にはそれぞれ得意とする分野がありますので、これは必ず守るようにしましょう。費用は、裁判の場合は100万円ほどかかることもありますが、事務所によってかなり違いがあります。中には、費用をできるだけ抑えてくれる事務所もありますし、予算に応じたプランを立ててくれる事務所もあります。また費用を出せない時には、法テラスの民事法律扶助を利用するのもいいでしょう。